latest-news

10/19 [ZENMONDO Pick up news]日本の太陽光で照らされるレバノンの都市

1975年から1990年の内戦以来、レバノンは停電に悩まされており、深刻な燃料不足の中、電力セクターの発展も止まった状態にあると言います。

そんな中、日本政府は燃料不足によって電力供給が足りていない分を、代替エネルギー源の利用で穴埋めしようという試みとして、レバノン最貧の都市、トリポリのエル・ミナに太陽光発電による街灯を提供したようです。

このことにより、停電の夜にも明かりが灯り、治安の確保はもちろん、経済活動が活発化することが期待されます。

出典: ARAB NEWS
(https://www.arabnews.jp/article/middle-east/article_78278/)