latest-news

5/1 [ZENMONDO Pick up news] 住友商事、ミニグリッド事業展開(@サブサハラ・アフリカ地域)のPowerGen社に出資参画

住友商事は、未電化地域の生活環境改善と新たな分散型電源事業への参入を目的に、サブサハラ・アフリカ地域でミニグリッド事業を展開する『WindGen Power USA, Inc.(PowerGen社)』に出資参画したと発表しました。

PowerGen社は、太陽光パネル・蓄電池・配電系統・スマートメーターなどを組み合わせたミニグリッドを、未電化集落に構築し、2011年の設立以降、ケニア、タンザニア、ナイジェリア、シエラレオネを中心に、現在ではサブサハラ8か国で事業展開を行っています。

住友商事は2018年10月に、インフラ事業部門 電力インフラ事業本部傘下に「Team New Frontier」を立ち上げ、電力ビジネスにおける新領域の開拓を行っており、今回の参画は、アフリカにおいて未電化地域での新たな電力ビジネスモデル構築のため、実施するとしています。

同社のアフリカ関連企業への出資は2件目とのことで、今後の事業展開にも注目したいと思います。

出典:住友商事株式会社ニュース

https://www.sumitomocorp.com/ja/jp/news/release/2020/group/13300