latest-news

7/20 [ZENMONDO Pick up news] ゴミから作った消毒液でコロナ対策@イスラエル

ごみから生成したエタノールを消毒剤として活用する「シンプル」かつ低コストな方法を、イスラエルの科学者らが開発したようです。サトウキビやトウモロコシなどの植物原料を使ったエタノール生成は以前から行われていますが、製造過程が複雑で高コスト。ごみを利用する手法は、「より簡単かつ安価で、小規模なうえ環境にも優しい」と言います。

本手法は5年前から研究を続けているテルアビブ大学のチームとハイファ大学との共同研究で生み出されました。

世界的に需要が増している消毒用エタノールが身近なもので精製できるとしたら、資源の無駄も削減できます。商品化に向けた動向に注目したいと思います。

 

出典:AFPBB News

https://www.afpbb.com/articles/-/3293136?act=all