The Baobab Network

1/11 The Baobab network Report_ Spanish unicorns are real

バルセロナ拠点のオンデマンド・デリバリープラットフォームであるGlovoがシリーズEラウンドで1億6600万ドルの追加を手にいれたようです。同社は、アフリカビジネスの観点では先駆者となりうる市場に焦点を当てており、ケニア・モロッコ・ナイジェリア・エジプト・コートジボアールに注目していることや、国会議員の90%以上が賛成し、セネガルがチュニジアに次ぐスタートアップ注力国となったこと、ナイジェリアのフィンテック会社Troveがグローバルな資産管理を行っているARMからの支援を確実にしたことなどのニュースが紹介されています。ぜひご覧ください。

 

Barcelona based on-demand delivery platform, Grovo has bagged another $166m in a Series E round. In terms of its Africa operations, Glovo currently focuses on Kenya, Morocco, Nigeria, Egypt and Côte D’Ivoire. Since launch, the company has been focused on markets where they can be first or second movers, Senegal has become the second African country after Tunisia to pass a dedicated start-up act after 90 per cent of parliamentarians voted in favour last week, and Nigerian fintech Trove has secured equity funding from global asset management firm ARM, are introduced.

The news report is filled with exciting local African information.Please enjoy!

 

(The Baobab Network report 1/11)