アドバイザー

池亀美枝子

国連機関に33年間勤務(国連事務局、国連開発計画、国連食糧農業機関、 国連食糧計画)、現在AUDA-NEPAD総裁特別顧問・横浜市立大学客員教授、 東京大学客員講師、日本国連友好協会ニューヨーク代表、アフリカ協会顧問、日本経済同友会アフリカ委員会審議会非公式顧問、日本アフリカ起業支援コンソーシアム審査員など多方面で活躍

西谷和雄

長年に亘り日本商工会議所に勤務し、国際ビジネス促進・民間経済外交推進・海外企業進出サポート・海外視察ミッションの派遣を担当。現在は国際商工会議所日本委員会(ICC JAPAN)専務理事としても活躍。

【コメント】
皆様、初めまして。ZENMONDOのスタッフの一員としてお手伝いできることを大変光栄に存じております。企業の皆様が抱えておられる疑問・課題の解決に役立つ情報・ノウハウをタイムリーに皆様にご提供できる場となればと考えております。

玉川雅之

1981年大蔵省入省後、証券局、関税局、金融企画局、国税庁や外務省中近東アフリカ局、OECD日本政府代表部などの勤務を経て、IMF審議役、国税庁国際業務課長、札幌国税局長、アジア開発銀行予算・人事・経営システム局長、アフリカ開発銀行初代アジア代表事務所長などを歴任し、2016年に退官。
現在は工学院大学において特任教授として「日本経済分析入門」、「事業運営の基礎知識」の講義を行うとともに法人の常務理事を務める。

【コメント】
ZENMONDOがアフリカや中東地域においてSDG・経済社会開発貢献型の事業に関わられる方々の交流・相互empowermentの場として発展されることを祈念しています。

谷口成伸

長年に亘り大手総合商社に勤務し、2019年3月に定年退職。商社勤務時は繊維・生活資材・ヘルスケアの部門で営業を経験。シンガポール・インドネシア・エジプト・マレーシアの4か国に駐在経験があり、エジプト駐在時はカイロ日本人会の副会長、のち会長として「アラブの春」その後大統領の更迭などカイロの「クーデター」の社会的混乱時期を経験した。

【コメント】
中東・アフリカ地域は本格的なイスラムへの知識が乏しい、あるいは十分な情報が入らないため認知度が低いのが現状ですが、可能性が秘められ、潜在性が高く、人口増加が著しい地域として注目を集め始めています。こうした地域と如何に付き合い事業展開・拡大して行けるか、皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。