ZENMONDOクラブ利用規約

本規約は、会員が、ZENMONDO株式会社(以下、「当社」または「ZENMONDO」といいます。)が提供する「ZENMONDOクラブ」のサービスをご利用いただく上での合意事項となります。ZENMONDOクラブをご利用される会員は、本規約をお読みください。ZENMONDOクラブに会員登録をされる場合には、第4条の規定に従い、ご登録と同時に、本規約にご同意いただいたものとみなし、本規約に基づく契約(以下、「利用契約」といいます。)が成立したものとみなします。

 

第1条(定義)

  1. 「本サービス」とは、当社が運営する「ZENMONDOクラブ」にて会員に提供するサービスをいいます。
  2. 「会員」とは、本規約に同意し本サービスを利用する法人をいいます。会員には、「企業ベーシック会員」と「企業アドバンス会員」があり、会員登録お申し込み時に、会員がいずれかを選択できます。
  3. 「本サイト」とは、当社が運営するウェブサイト(https://zenmondo.com/)をいいます。
  4. 「アドバイザー」および「アドバイザー講師」とは、当社が独自に選定した企業家・起業家・プロフェッショナル・専門家等をいいます。

 

第2条(本サービス)

  1. ZENMONDOは本サービスとして、以下のサービス(以下、「各サービス」といいます。)を提供します。なお、各サービスの詳細についてはこちらのページ(https://zenmondo.com/register/)をご覧ください。
    1. 伴走型「経営顧問支援」
      ZENMONDOクラブに登録している国内外のアドバイザーなどが、会員の課題、事業運営に関する相談をオンライン、電話、対面などで行うサービスです。
    2. オープンイノベーション「遠隔ビジネス紹介支援」
      各国大使館の協力のもと、会員を国内外の投資家に紹介する他、ビジネスパートナーの開拓・資金調達・案件組成などの支援をオンライン・オフラインで行うサービスです。
    3. 会員限定コンテンツへのアクセス
      本サイト上にて、会員に限定して公開されるコンテンツへアクセスできるサービスです。
  2. 会員は別途料金を支払うことで次のようなサービスをご利用いただけます。
    1. 道場アカデミー「日本にいながら創る海外ビジネス構想支援」<オプションサービス>
      会員の実際の案件を取り上げたオンライン・オフラインでの実践型プログラムサービスです。
    2. オープンイノベーション「カスタムメイド・イベント」<オプションサービス>
      会員が、オープンイノベーションを目的として、イベントを開催する場合に、当社が当該イベントの企画および運営を支援するサービスです。
  3. その他上記に関連するサービス

 

第3条(各サービス)

  1. 伴走型「経営顧問支援」では、企業ベーシック会員は月に1回、企業アドバンス会員は月に2回、アドバイザー講師に、オンラインまたは対面にて1時間程度の個別相談をすることができます。該当月に相談をされるかどうかは会員のご意向に委ねられており、会員から該当月に相談が無い場合であっても、次の月に繰り越すことはできません。ZENMONDOは、会員から定型の相談受付フォームにて相談内容と候補相談日時を受領後、速やかに、担当アドバイザー講師のアサインに努めます。但し、ご依頼の内容や専門性によっては、ZENMONDOクラブにてサービスを提供できない場合があり、会員はこれに予め了承するものとします。担当アドバイザー講師のアサインができた場合は、ZENMONDOから、アドバイザー講師の氏名および相談日時をお知らせします。会員には、個別相談後、会員の満足とZENMONDOのサービス向上のため、ZENMONDOからのアンケートにご協力いただきます。また、会員がご要望であるとZENMONDOが判断する場合、ZENMONDOは会員のアフターフォローをします。月1回または月2回の定型の個別相談以上の追加相談やその他個別支援は、有料のオプションサービスにてお受けできる場合があります。
  2. オープンイノベーション「遠隔ビジネス紹介支援」では、ZENMONDOは、企業ベーシック会員には入会時および年に1度、会員の事業戦略に沿ったアドバイスを提供し、企業アドバンス会員には入会時および半年に1度、会員の事業戦略に沿ったアドバイスや戦略の見直しなどのアドバイスを提供します。また、企業アドバンス会員には、月次イノベーションレポートをお届けします。この月次イノベーションレポートサービスは企業ベーシック会員には適用しません。同イノベーションレポートの提供以外に、月次でお届けするサービスはありませんが、企業ベーシック会員、企業アドバンス会員共に、ZENMONDOが各国大使館と共同運営・発行するイノベーションレターに会員の商品・サービスPR情報を優先掲載できます。また、ZENMONDOは、海外からの投資機会・JV案件などを会員に優先的にご案内すると共に、海外投資家との少人数ピッチイベントへのご招待・ピッチ機会の優先提供をします。但し、これらのサービスは、会員の商品やサービス内容が相手国や投資家の求めているサービスであること等、ZENMONDOの独自の判断によるものとし、ピッチイベント参加には、企業選考の要件があります。ZENMONDOクラブは、会員のこれら機会獲得のためのご準備の支援を提供しますが、機会獲得を確約するものではありません。ZENMONDOは、有料オプションサービスとして、PRフォーム作成の助言・支援、オンラインにて、海外ビジネスパートナーをご紹介・フォローするサービス、海外事業戦略構築・遂行支援など、様々なサービスをご用意しています。また、ZENMONDOは、有料オプションサービスとして、会員の新規事業のニーズや経営資源にあわせ、オープンイノベーション・イベントをカスタムメイド・開催します。
  3. 会員限定コンテンツへのアクセスでは、会員は、会員登録完了後、ZENMONDO動画の視聴・アーカイブアクセス、セミナーレポート受領、ZENMONDOメールマガジン受信のサービスをいつでもご利用いただけます。また、有料オプションとして、国立大学との共同事業プログラムにて、会員が、在京行政官と共に現地の社会課題のニーズと解決策に取り組む研鑽の場を提供しており、会員は本共同事業プログラムへの優先的な受講権を有し、優待価格が適用されます。
  4. 会員は、ZENMONDOが紹介したアドバイザー講師との間で業務委託契約等(雇用契約を除きます。)が成立した場合、ZENMONDOに対し人材紹介サービスの報酬として以下の通り算出した金額を支払います。(基準額x12ヶ月)x35%相当額(別途消費税)。但し、当該報酬が金100万円に満たないときは、金100万円(別途消費税)を最低報酬額とします。なお、「基準額」とは、会員が当該業務委託契約等に基づき1年間にアドバイザーに対して支払う金額(アドバイザーが会員に代わって支払った実費の償還分を除きます。)を指します。

 

第4条(会員登録)

  1. 会員からお申し込みいただいた後、ZENMONDOが承諾することによって、会員登録が完了し、本サービスをご利用いただけます。
  2. ZENMONDOクラブは、ZENMONDOが定める参加基準を満たす会員のみが利用できる、会員制のサービスです。参加基準を満たすか否かの判断は、ZENMONDOがその裁量により判断できるものとします。
  3. ZENMONDOが参加基準を満たすと判断した会員であっても、その後、その会員が参加基準を満たさなくなったとZENMONDOが判断した場合には、その会員は、該当する会員制サービスの利用が禁止されます。
  4. 会員のお申し込み内容を審査する過程で、お申し込み承諾の順番が前後する場合があります。予めご了承ください。

 

第5条(入会費・会費および支払方法)

  1. 会員は、当社がお申し込みを承諾した時点から1ヶ月以内に、別途定める入会費を当社に支払うものとします。但し、免除されている場合を除きます。
  2. 会員は、別途定める月会費を当社に支払うものとします。
  3. 会員は、当社が別途指定する場合を除き、PayPal社の決済サービスを利用して、当社に対し、入会費、月会費または別途料金(以下、まとめて「料金」といいます。)を支払うものとします。支払にかかる費用は、会員が負担します。
  4. 会員が、料金の支払方法に現金払いや銀行振り込みを選択された場合、当社は速やかに会員に請求書を発行し、会員は請求書の内容に従って料金を支払うものとします。支払にかかる費用は、会員が負担します。
  5. 会員が、料金の支払を怠った場合、支払期日の翌日から支払済みに至るまで年14.6パーセントの割合で、当社に対し遅延損害金を支払うものとします。支払にかかる費用は、会員が負担します。
  6. 会員登録お申し込み後のキャンセル、第19条に定める有効期間中の中途解約または契約内容の変更等(以下、「キャンセル等」といいます。)が生じた場合、会員は、直ちに未払の料金全額(未利用分を含みます。)を当社に対し支払うものとします。また、別途特約等にて定める場合を除き、当社は、料金の減免または返金には応じません。但し、当該キャンセル等が当社の責に帰すべき事由による場合はこの限りではありません。

 

第6条(IDおよびパスワード)

  1. 会員登録後、会員には、IDおよびパスワードが発行・付与されます。会員は、発行されたIDおよびパスワードの使用および管理について一切の責任を負うものとします。
  2. 会員は、別途当社が書面にて承諾した場合を除き、自身に発行・付与されたIDおよびパスワードを第三者に共有して利用させ、または譲渡することはできません。
  3. 本サービスの一部は、SNS等の第三者が提供するプラットフォームを利用して提供される場合があります。会員は、そのような本サービスの利用に関し、本規約に加え、そのプラットフォームの提供者が定める利用規約を、自らの責任において遵守するものとします。

 

第7条(知的財産権)

  1. 本サービスに関して生じる著作物等(以下、「当社著作物等」といいます。)は、当社または当社に当社著作物等を提供した第三者に帰属します。会員は、著作権法等により認められる場合を除き、当社または当社著作物等の提供者の許諾がない限り、当社著作物等の全部または一部の利用、複製、転載等を行うことができないものとします。
  2. 会員は、当社の書面による事前承諾なく、当社著作物等に対する複製、変更、切除その他の改変を行ってはならないものとし、当社の事前承諾を得て行った改変等により新たな著作物等が発生した場合、当該著作物の権利は、当社に帰属するものとします。
  3. 会員は、本サービス利用を通じて他の会員に提供または他の会員から受領する著作物等、アイデア、ノウハウ等に関する所有権、知的財産権等の帰属および利用条件については当該会員との間で適切に取り決め、当社は一切関与しないものとし、またこれに関し会員に何らかの損害・不利益が生じた場合でも、当社は何らの責任を負わないものとします。

 

第8条(制限・禁止事項)

  1. 会員は、本サービスの利用に関して、以下の行為を行うことは禁止されています。
    1. 虚偽または不正確な情報を入力・公開する行為
    2. 会員が本サービスの提供期間中および終了後1年経過前に、当社の事前の書面による同意なく、当社が紹介した個人、個人事業主または法人(政府や公官庁も含みます。)との間で、本サービスによらない方法で直接契約を締結し、あるいは事実上の取引を行う行為
    3. 本規約に違反する行為
    4. 本サービスの運営を妨げる行為、犯罪行為その他の法令違反に結びつく行為、または公序良俗に反する行為
    5. ZENMONDO、ZENMONDOの他の会員やユーザーその他第三者を不当に差別もしくは誹謗中傷し、他者への不当な差別を助長し、またはその名誉もしくは信用を毀損する行為、または毀損するおそれのある行為
    6. ZENMONDO、またはその他の第三者の特許権、著作権、商標権等の知的財産権その他一切の権利を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
    7. ZENMONDO、ZENMONDOの他の会員やユーザーその他第三者のプライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
    8. ZENMONDO、または第三者の機密情報(イノベーションに関する情報を含みますが、これに限りません。)もしくは個人情報を、その他の第三者に不正に公表・開示・提供・漏洩する行為
    9. 自分以外の第三者である旨を詐称したり、団体の代表権や代理権がないにもかかわらずあるものと装ったり、他の人物や団体と協力関係にあると偽る行為
    10. ZENMONDOの事前の書面による承認なく、資金提供の勧誘や、自己の商品・店舗・会社の紹介・宣伝等、営利を目的として本サービスを利用する行為
    11. 悪口・嫌がらせ・脅迫・挑発・下劣な表現など、第三者に不快感を与える、または、害を及ぼすおそれのある不適切な行為
    12. ZENMONDOクラブ内外における、ZENMONDOに対する誹謗中傷・嫌がらせなどの行為
    13. 差別につながる民族・宗教・人種・性別・年齢等に関する表現行為
    14. 他の会員の本サービスの利用を妨害する行為
    15. 会員の本サービスへの提供を継続することが不適切であるとZENMONDOが判断するにいたる行為
    16. その他上記に準じる行為

 

第9条(本サービスの停止)

  1. ZENMONDOは、以下のいずれかの事由があると判断した場合、会員に対し何らの催告なく本サービスを停止することができます。この場合、当社は、料金の減免または返金をしません。また、当社は、会員に損害が生じても何らこれを賠償ないし補償することを要しないものとします。
    1. (1) 会員が本規約の条項に違反した場合
    2. お申し込み内容に虚偽の内容が記載されていた場合
    3. 会員または会員の役員もしくは従業員が、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標榜ゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者に該当する場合

 

第10条 (本サービスの廃止)

  1. ZENMONDOは、廃止日の3ヶ月前までに会員に通知した場合、本サービスの全部または一部の提供を廃止できるものとし、廃止日をもって利用契約の全部または一部を解約することができるものとします。

 

第11条 (退会)

  1. 会員は、退会予定日の1ヶ月以上前に、ZENMONDOに書面により退会の意思を通知することにより、本サービスを退会することができます。
  2. 退会通知後1ヶ月を過ぎた翌月1日から会員は利用契約を解除したものとし、本サービスの利用を停止することとします。
  3. 会員は、未払の料金がある場合は、退会届けの提出前、または提出日から30日以内にお支払ください。
  4. 既にお支払済みの料金は返金することができません。

 

第12条 (機密情報・個人情報の取扱い)

  1. 会員およびZENMONDOは、本サービスの利用に関して知りえた相手方の機密情報(本サービスに関するノウハウ、本サービスのシステムに関する情報、技術上または営業上の一切の機密情報を含みます。)および相手方の個人情報を、厳重かつ適正に管理するものとし、相手方の事前の書面による同意なく第三者に開示・提供・漏洩しないものとします。
  2. 会員およびZENMONDOは、相手方の指示があった場合または利用契約が終了した場合は、相手方の指示に従いすみやかに機密情報または個人情報を返却または破棄し、以後使用しないものとします。
  3. 前第2項の規定にかかわらず、会員が事前に希望しない旨を指定した場合を除いて、ZENMONDOは、ZENMONDOやグループ会社のサービスを会員に紹介する目的の為に、利用契約の存在や会員との取引履歴等を利用すること、または、グループ会社に開示・提供し、利用させることができるものとします。なお、グループ会社とは、ZENMONDO株式会社とそのグループ会社をいうものとし、ZENMONDO株式会社のホームページ(https://zenmondo.com/)に掲載することにより特定するものとします。
  4. 会員は、会員が事前に希望しない旨を指定した場合を除き、ZENMONDOにお知らせいただいた会員およびその他の特定の秘密保持の約定に従うことを前提として、ZENMONDOが外部プロモーション目的および内部目的用に使用する取引一覧表に会員の案件や支援の実績の要旨を記載することに同意するものとします。

 

第13条(利用契約の解除)

  1. 当社は、会員が下記各号に該当する場合、何らの催告なく利用契約の全部または一部を解除できるものとします。
    1. 本規約の各条項のいずれかに違反した場合
    2. 手形・小切手の不渡り、事実上の支払不能もしくはこれに準ずる状態に陥り、または破産、民事再生手続開始等の申立を受け、または自ら申し立てた場合
    3. 料金等の支払債務の一部または全部の履行を遅滞し、または正当な理由なく支払を拒絶した場合
    4. 差押え、仮差押えもしくは競売の申立があったとき、または公租公課の滞納処分を受けた場合
    5. 監督官庁から営業許可の取消、停止等の処分を受けた場合
    6. 解散、減資、事業(営業)の全部または重要な一部の譲渡等の決議をした場合
    7. その他会員の責に帰すべき事由により、会員と当社との間の信頼関係の維持が困難となった場合
  2. 前項の場合、会員は本サービスから退会したものとみなされます。なお、当社は、料金の減免または返金をしません。また、未払となっている金銭支払債務がある場合には、会員は直ちに当社に支払を行うものとします。当社は、会員に損害が生じても何らこれを賠償ないし補償することを要しないものとします。
  3. 当社は、本条第1項の解除をした場合も損害賠償請求権を放棄するものではありません。

 

第14条 (反社会的勢力の排除)

  1. 会員および当社は、自らが反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団、その他これらに準ずる者をいいます。以下同じ)に現在および将来にわたって該当しないこと、ならびに、反社会的勢力と以下の各号の一にでも該当する関係を現在および将来にわたって有しないことを誓約するものとします。
    1. 反社会的勢力が経営に支配的な影響力を有すること
    2. 反社会的勢力が経営に実質的に関与していること
    3. 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもって、不当に反社会的勢力を利用すること
    4. 反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていること
    5. その他役員等または経営に実質的に関与している者が、反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること
  2. 会員および当社は、自己または第三者を利用して以下各号の行為を行ってはならないものとします。
    1. 暴力的な要求行為
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
    4. 風説を流布し、偽計または威力を用いて相手方の信用を棄損し、または相手方の業務を妨害する行為
    5. その他前各号に準ずる行為
  3. 会員または当社は、相手方が本条の規定に違反した場合、何ら催告等の手続を要せず、会員と当社の間にて締結された全ての契約を解除することができるものとします。この場合、契約の解除を行った会員または当社は、相手方に損害が生じても何らこれを賠償ないし補償することを要しないものとします。

 

第15条(本規約の変更)

  1. ZENMONDOは、本規約の一部または全部の内容を変更または廃止(以下、「本規約の変更」といいます。)することがあります。本規約の変更がある場合には、ZENMONDOは会員に対して事前の通知をするものとします。
  2. 本規約の変更通知から1ヶ月以内に本規約の変更に同意しない旨をZENMONDOに通知しない場合には、本規約の変更に同意したものとみなします。
  3. 本規約の変更に会員が同意されない場合には、ZENMONDOは本サービスを会員に提供する義務を負わず、本サービスの利用を停止するものとします。

 

第16条(当社の免責)

  1. 当社は、会員に対し、本サービスの利用による経営支援の成果、正確性、有効性、登録しているアドバイザーの資質・能力、職歴経歴等の情報の正確性等、本サービスの効果および会員に対する何らの保証も行わないものとします。
  2. 当社は、会員に対し、本サービスの利用によるオープンイノベーションの実現性、会員情報の正確性、会員の保有する資源の有用性等、本サービスの効果および会員に関する何らの保証も行わないものとします。
  3. 会員は、会員のコンピューター端末におけるシステム環境により、本サービスの一部または全部をご利用いただけない場合があることをあらかじめ了承するものとします。なお、この場合当社は料金を返金する義務を負うものではありません。
  4. 会員は、電気通信事業者、ハードウェア事業者その他の第三者が提供するサービス・製品、または会員のコンピューター端末、通信環境等の会員のご利用環境に起因して生じた障害について、当社が免責されることをあらかじめ了承するものとします。

 

第17条(損害賠償)

会員および当社は、利用契約に違反して相手方に損害を与えた場合、相手方に対し、現実に発生した直接かつ通常の損害に限り、損害賠償の責を負うものとします。また、会員および当社は、会員が過去1年間に当社に支払った料金の金額を上限として、賠償に応じるものとします。

 

第18条(権利義務譲渡の禁止)

会員は、本サービスに関する契約上の地位、およびこれに関して生じた当社に対する債権等いかなる権利義務も、当社の事前の書面による承諾なく第三者に貸与、移転、譲渡または担保に供することはできません。

 

第19条(有効期間)

会員が本サービスを利用できる期間は、第4条の定めるところにより会員登録し、当社が当該申し込みを承諾した日から1年間とします。契約期間満了2週間前までに会員から当社に対し更新しない旨の通知がない場合、自動的に1年間同一条件で更新され、その後も同様とします。

 

第20条(存続条項)

第7条(知的財産権)、第8条(制限・禁止事項)、第11条(退会)、第12条(機密情報・個人情報の取扱い)、第13条(利用契約の解除)、第16条(当社の免責)、第17条(損害賠償)、第18条(権利義務譲渡の禁止)および第22条(準拠法・裁判管轄)は、利用契約の終了後も有効に存続するものとします。

 

第21条(協議)

本規約に定めのない事項または本規約の条項について疑義が生じた場合、双方誠意をもって協議し、円満に解決するよう努めるものとします。

 

第22条(準拠法・裁判管轄)

  1. 本規約は、抵触法の原則を適用することなく、日本国の法律を準拠法とします。
  2. 会員は、本規約または本サービスに関して紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とすることに合意するものとします。

 

(付則)
この規約は2020年7月1日から発効します。